檸檬 (梶井基次郎)



 僕の一番好きな本の一冊。
 なんといっても、表題作の「檸檬」がたまらない。青春期の懊悩をここまで鮮やかに写しだせたのはこの人だけではないだろうか?
 実在した京都の丸善の閉店した際には、あちらこちらにレモンが置かれていたとかいないとか……

 
 いろいろな出版社から発行されているが、個人的には新潮文庫を推したい。
 本心を言えば、少し前の角川文庫がベストだったが、現在は改定?によりあまりセンスのない文字サイズになってしまっている。