久しぶりの本の紹介となります。

 「真っ白な嘘」はフレドリックブラウンの短編集で、日本語版では17編、原書では18編の小説が収録されています。
 なんといっても、この作品の魅力は前半で積み上げた物を公判で否定する、どんでん返しの巧妙さにあります。勿論、短編集ですから全てが全てというわけではありませんが……
 フレドリックブラウンといえば、一番知られているのは短編「ノック」でしょうか?

「世界で最後に生き残った男が、部屋にいた。すると、ドアにノックの音が…」

 もっとも、「ノック」には元ネタがあるという話も聞きますが、大方のブラウンの作品はこのように簡素で、それでいて予想できないどんでん返しを含んだものが多いようです。


 「真っ白な嘘」から一作品だけ抜き取って紹介してみましょう。前から八番目に収録された「闇の女」がそれです。
 この作品は、言ってみれば、最高のミステリではないかと思います。なんといっても最後の一文で作品全体の謎が解ける快感。そして、物語の佳境に置いてはその謎が”解けていない”ことから読者の眼をそらすほどの展開力。
 どれをとっても理想的な娯楽ミステリ像です。

 さて、ネタバレしない程度にさわりをご紹介いたします。

***
 プランデル夫人の下宿にメアリ・ウェスタマンと名乗る女性が部屋を借りに訪れた。その申し出を快諾したプランデル夫人であったが、数日が経つにつれ、おかしなことに気付く。
 メアリは居間にはめったに顔を出さず、また自室では明かりもつけずに暗闇の中に座っていたのだ。
 その奇怪な住人を、夫人は「ミスダークネス(闇の女)」と呼び、友人らと共にこの理由を考えていた。ある人は眼が悪いのでないか、と、またある人は、宗教のためではないか、盲人の気持ちになるためではないかと様々な仮説を飛ばしたが、結局結論には至らない。
 しかし、そうしているうちに、驚くべきことが判明した。メアリが部屋を借りに訪れたその日の午前に銀行強盗があり、その片割れは女で未だ逃走中だというではないか。
 メアリがその強盗ではないのかと、一同が疑い始める中、刑事がプランデル夫人の家の扉を開いた……
***