HuaweiのP30 Liteを水没させてしまい、画面が映らない/タッチが効いてなさそうな状態になったため、液晶を交換したら復活した話。
1. 経緯と症状
 雨に降られてスマホが水浸しに。
 外側が乾燥した頃に一度起動してみると、起動時のバイブレーションはするものの、画面がつかない。

 またしばらく静置し、幾度か電源ボタン長押しで起動/シャットダウンを繰り返す。
 すると、たまに液晶に起動画面/ロック画面が表示されることに気づく。
 しかし、画面全面に滲みがあったり、光量が頻繁に変化したり・・・
 また、その画面も数分で消灯。

⇒いずれの起動時もバイブレーションは確認されたため、
 画面とタッチ操作を何とかすればデータを回収できるのでは?


2. 最初の対応(USB-C⇒USB-A⇒マウス)
 上手く画面が表示されたタイミングで、USB-C⇒USB-Aコネクタを使用し、マウスを接続してみる。
 ポインタの表示、ロック画面の解除、ホーム画面のアプリ、アプリ起動を確認。

 しかし、マウスを動かし続けた場合であっても画面の表示は不安定ですぐに消灯することがあった。

⇒バックライトの異常?
 内部機能は問題なさそうなので、画面を出力できれば安定してデータを吸い出せるのでは?


3. 2回目の対応(USB-C⇒HDMI⇒モニタ:失敗)
 USB-C⇒HDMIコネクタを使用し、モニターに接続。
 しかし、モニターに信号が行っていない様子。

 よくよく調べると、USB-Cを介してHDMI出力できるのは、そういった機能を有する機種のみとのこと。
 P30 liteにその機能はない。調査不足。
(いかがでしたか系ブログに騙された形)


4. 液晶の交換
 AMAZONで交換用液晶(5000円前後)を購入。
 海外発送であれば3000円前後からあり、またアリエクなどの海外通販ならさらに安いものもあるだろうが、さすがに届くまでに時間がかかりすぎたため、翌日配送の商品にした。

 交換の際は、以下の動画を参考にした。



 分解に際しては、
 バッテリを外す際に、粘着シートが強すぎて変形しかけた。

 また、液晶を外す際に、ツメを入れられそうな場所がなく戸惑ったが、
完全にガラスとプラスチックの境目に薄いマイナスドライバをねじ込み、とっかかりを作った。
後は普通にプラ製のツメで開けていった。
(横にあるプラとプラの段差ではなく、正面から画面の縁にねじ込む形)

(画面に薄いキズがあったのだが、開ける際、そこを起点にバキバキに割れてしまった。まあ、交換するからいいのだけど。)
IMG_20210821_152057454-2


 それと、今回はちょうど良い両面テープや接着剤の確保を忘れていたため、取り急ぎの仮組止まりとなってしまった。次回があれば忘れずにストックしておきたい。


5. 結果
 復活。
 特に起動時操作等にも異常は認められていない。
(交換直後はデータ通信が不可の状態になっていたが、しばらくしたら復活した)


6. 原因の推測
 取り外した画面を見てみると、偏光板(?)がふやけたような状態となっており、容易にはがれるような形となっていた。
IMG_20210821_152617317-1


また、バックライトの表面等には水滴が浮かんでおり、この辺りに原因があるではないかと思う。

IMG_20210821_152644339-1


機械詳しくないからわからないけど。

以上。