excelの行に入力されている名前に沿ってファイル名一括変換するVBA一発芸です。
一発芸なので、素養がない方が何も考えずに実行できるように書きます。
1.これくらいで十分

 エクセルを開き、B列に変換元のファイルの場所を、A列に変換後のファイル名を入力します。
 ファイルの場所は、対象のファイルを選択した状態で、Shiftキーを押しながら右クリックで表示される「パスのコピー」を選択し、エクセルのB列に張り付ければOKです。

キャプチャ3


 
A列に、変換後のファイル名を入力します。
4

 以上で下準備は終わり。
 タブの「開発」⇒「VisualBasic」でコードを書きます。
5


Sub rename()
Dim i As Integer
Dim n As Variant
Dim p As Variant
Dim l As Integer
Dim filep As Variant

l = InStrRev(Cells(1, 2).Value, "\")
filep = Left(Cells(1, 2), l)

For i = 1 To 65
'ここはFor i = 1 to (変換したいファイル数)としてください
p = Cells(i, 2).Value
n = filep & Cells(i, 1).Value
Name p As n & ".jpg"
'クオーテーションマーク””内は適宜ファイル形式に合わせてください。
Next i

End Sub
以上です。
 あとは下図のボタンで実行してください。
 6



2. 変換後のファイル名作成のTips

変換後のファイル名を
A_A_001~A_A_005, A_B_001~005, B_A_001~005
のような形式にしたい場合、その名前生成も効率的につくりましょう。

まず適当なセルに、それぞれの要素を入力します。
8

コードは適当にこんな感じで
ここはケースによってマイナーチェンジ必須です。
Sub newname()
Dim i As Integer
Dim j As Integer
Dim k As Variant
Dim l As Variant
l = 0

For i = 1 To 4
For j = 1 To 2
For k = 1 To 5
'Toの後は、それぞれの要素数に合わせて

l = l + 1
Cells(l, 1) = Cells(i, 8).Value & "_" & Cells(j, 9).Value & "_" & Cells(k, 10).Value
’今回はH~J列の一行目からなので8~10。場所を変えるなら数値も変える
Next k
Next j
Next i

End Sub

実行後はこうなる
9


以上です。



3.不必要な機能

 変換元のファイル選択及び拡張子の選択等を組み込むと下記のようになるかなと。
 かなり適当ですが、動くのでいいでしょう。
 まあ、ここは人力でやった方が楽なので不必要かと。
Sub rename()
Dim i As Integer
Dim n As Variant
Dim p As Variant
Dim l As Integer
Dim filep As Variant
Dim selection As Variant
Dim eachpath As Variant
Dim count As Integer
Dim ext As Variant

count = 0
selection = Application.GetOpenFilename _
            ("", MultiSelect:=True)

For Each eachpath In selection
count = count + 1
Cells(count, 2) = eachpath
Next eachpath

l = InStrRev(Cells(1, 2).Value, "\")
filep = Left(Cells(1, 2), l)
l = InStrRev(Cells(1, 2).Value, ".")
ext = Right(Cells(1, 2), Len(Cells(1, 2)) - l + 1)

For i = 1 To count
p = Cells(i, 2).Value
n = filep & Cells(i, 1).Value
Name p As n & ext
Next i

End Sub