最近、マウスS9を使っていて「そういえば、昔S9について調べた時に情報を集めにくかったなあ」と思い出したため、簡単に書きます。

「S9」:
 肝臓のホモジナイズを9000×Gで遠心分離した上清のことです。
 9000×Gの上清(supernatant)なのでS9。

 細胞等の大きな夾雑物が除かれており扱いやすいため、薬品の代謝活性化等によく使われます。
 ここから更に遠心すると、残った細胞小器官(やその破片)が沈殿し、ミクロソームが得られます。

 一般に製品として売られているものは、フェノバル等で酵素活性を上げた後に肝臓を回収したものが多いかと。
 また、マウスやラットを用いることが多いかと思いますが、ヒトの肝臓を使ったS9も市販されています。



まあ、こんなところで。